読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とことこでに’s diary

北摂地域(池田、箕面を中心)を生活拠点とし、情報発信、日常風景、旅を中心に書いていくブログです。

【情報提供】第63回池田五月山さくらまつり @池田市

地域 池田市

どもども。

山々の桜が本格的に咲く季節になりました!

さくら開花予想2017によると大阪のソメイヨシノの開花予想は4月2日。

まだあと1週間あります。

しかし、桜の開花を待ちきれないと言わんばかりに、池田駅に‟池田五月山さくらまつり”の看板が掲示されてましたので、情報提供です。

f:id:tokotokodeni:20170325232632j:plain

 

www.city.ikeda.osaka.jp

 

今日から夜桜照明がスタートしました。

まだ、撮りに行っていませんが、どこかで行く予定です。

夜桜照明も3月25日~4月9日までの日没から午後10時まで。

そして、夜桜照明に合わせて五月山公園一帯に「ついーと(メッセージ)提灯」が設置されます。

費用は2,000円かかりますが、なんとこの提灯はさくらまつり終了後の4月17日~28日の間の空港・観光課でもらうことが出来るそうです。

募集期間はもう終了しておりますが、来年もあるならば、やってみようかなと思います。

 

他には、俳句大会や写真コンテストも実施されます。

「われこそは~」と思うそこのあなた!池田市に訪れてその熱い想いを俳句、写真にぶつけてみてはいかがでしょうか。

 

また、4月8日9日の10時~15時は雅の広場でイベントが行われるそうです。

野点、邦楽と桜を楽しみながらまったり~と、優雅な休日になりそうな予感がします。

池田市の春のイベント、昼の桜と夜の桜が楽しめるこの機会に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ほなほな。

養老の滝 @岐阜県養老町

旅・旅行

どもども。

前回養老天命反転地のことを書きましたが、その続きです。

tokotokodeni.hatenablog.com

 

養老天命反転地を楽しんだ後、フードコート「楽市楽座」にて昼食を摂り、養老と言えばやはり滝ではないかということで、居酒屋ではなく、本物の滝のほうへ歩いていくことに。

 

f:id:tokotokodeni:20170325070828j:plain

駐車場から川沿いを歩いていきます。水際まで近く、水の流れが穏やかなので、夏場は楽しく水遊びが出来そうです。

 

f:id:tokotokodeni:20170325070949j:plain

てくてく歩いていく。

最初は、「オゥ!?坂道やんけ、がんばったろやないか。」なんて思ってた。

でも、歩けども歩けどもずぅぅぅっと坂道なんです。

大阪にいると、身近な滝は箕面の滝なんですが、そんなに坂道ではなく、軽いハイキングみたいなのに対し、ここ養老の滝は道中ずっと坂道。そう、軽い山登り。

また、滝まで折りたたみ自転車で挑戦している猛者がいてました。・・・すごすぎる。

 

f:id:tokotokodeni:20170325063814j:plain

まじかよ、ここ熊出るの!?

そんな軽い衝撃を覚えつつ、まだかまだかと歩き続けること30分。

 

f:id:tokotokodeni:20170325071704j:plain

やっと滝が見えました。

f:id:tokotokodeni:20170325064724j:plain

ここはまだ手前でかなり近くまで寄れます。

 

f:id:tokotokodeni:20170325071756j:plain

滝壺の水に触れることが出来ますが、かなり冷たいです。

養老の滝は日本の滝百選に選定されており、高さ30m、幅が約4mあるそうです。また、7月1日には養老の滝開きが行われているみたいです。(HPより参照)

 

帰りは来た道をそのまま帰るのか、それとも右岸から登ってきたので左岸から下ろうか選択できます。

左岸側には、養老神社という神社があります。

f:id:tokotokodeni:20170325071950j:plain

ここの境内には、日本名水百選の養老の滝・菊水泉があります。

 

f:id:tokotokodeni:20170325065705j:plain

御朱印は見つけることはできませんでしたが、ここでは水を汲むことができます。

火照った体で水に触れたのでかなり冷たく気持ちよく感じます。

空のペットボトルがあれば、水を汲んで持って帰ることが出来たのに・・・。

また神社からさらに下っていくと、神社の参道らしく、出店があります。

 

f:id:tokotokodeni:20170325070620j:plain

焼きよもぎ団子を食べて、元気回復。気が付けば、団子を求めてかなり行列ができておりました。

 

養老駅まで戻り、帰りもまた3時間かけて大阪に帰りました。

桜が咲く頃や紅葉の時期には、滝周辺の山々の彩が華やかになるのかなと思います。

また、養老公園は滝と養老天命反転地だけでなく、広大な敷地なので色んな外遊びができます。日ごろの運動不足も多少は改善されそうです。

ほなほな。

 

==============================

養老の滝

岐阜県養老郡養老町高林1298-2

養老天命反転地 @岐阜県養老町

旅・旅行

どもども。

春の青春18きっぷが使える時期です。みなさんはどう使われていますか?

色んな使い方があると思います。帰省、長距離移動などなど。

そんななか私は、青春18きっぷを使って、大阪から日帰りできるところを考えていました。

すると、大阪から片道3時間で日帰りもできる大垣駅って、青春18きっぷを利用する人にとっては超重要拠点であるにも関わらず、今まで自分の人生において降りたことのない駅でした。

 大垣駅から養老鉄道が出てることを知り、大阪―東京間の高速バス利用者にはおなじみのSAのある養老という言葉で、ふとある場所が結びました。

(養老か~。やはり養老乃瀧!?いやいや、それ居酒屋やないかぁ~い。)

(でも、実際に養老の滝があるからなぁ。)

(そういえば、養老って言葉で、昔、名前が仰々しいなぁと思っていた場所が・・・)

 

 

 

養老天命反転地

 

 

 

噂によると、行くと平衡感覚を失ってけがをするというなんとも物騒な場所。

これはぜひ一度行ってみなければっ!でも、どうやって行ったらいいんだろう?

養老駅から近いのか。じゃぁ行こう!行くしかない!!

 

ということで、18きっぷを使い、大阪から新快速等で片道約2時間半。

大垣駅にて養老鉄道に乗り換えます。

f:id:tokotokodeni:20170320224014j:plain

 

日本では珍しく、サイクルトレインの列車です。

自転車と電車に乗る時は、輪行袋に自転車を入れて乗車しますが、

サイクルトレインではそんな解体等の面倒なことをせずに、自転車をそのまま電車内に乗せることができるのです。

中は至って普通のロングシートの車内です。しかし、車内のアナウンスで自転車への注意喚起があります。新鮮です。

 

さて、田園風景を眺めながら、列車は養老駅に。

f:id:tokotokodeni:20170320224720j:plain

養老名産「瓢箪」。

親孝行のきこりが養老の滝の水を瓢箪に汲んだことから瓢箪が名産品になったとか。

f:id:tokotokodeni:20170322201905j:plain

彼が噂の親孝行者・源丞内。養老が親孝行の里だなんて知らなかったぜ。

 

f:id:tokotokodeni:20170322202002j:plain

養老駅。木造の駅舎に桜の樹がとてもよく風景に溶け込んでいます。

f:id:tokotokodeni:20170320230233j:plain

休日だと無料のシャトルバスが運行しています。

しかし、シャトルバスも満員であり、バスを諦めて歩くことに。

養老駅から養老公園までは直線の坂道ですが、20分ほどと案外近く、迷わずに行けます。

 

f:id:tokotokodeni:20170322202209j:plain

遂にきました。入場口。

注意事項に怪我する雰囲気が漂っています。ヘルメットってw

なお、うれしいことに養老鉄道利用者には入場料無料でした。やったね。

心を躍らせ入ってみると・・・。

f:id:tokotokodeni:20170322202904j:plain

・・!

f:id:tokotokodeni:20170322203537j:plain

・・!!

f:id:tokotokodeni:20170322203557j:plain

・・Σ(゚Д゚)・・・・

f:id:tokotokodeni:20170322203618j:plain

(;^ω^)・・・

 つ、ツラ過ぎる・・・。園内すべて斜面。

皆様が身体を使い、バランスをとりながら、わたしたちの身体の持つ様々な可能性を見つけることが出来ます。予想がつかない”不思議”と出会える空間をぜひお楽しみください。

パンフレットにもなんだか「ケガするから気をつけて」みたいな感じです。

バランスを保とうとこちらも必死。予想なんてつきません、必死なんだもん。

平衡感覚を揺さぶられ続けて、ほら、もう足がプルプルと震え、気を抜くと滑ってこけてしまいそう。

これは、た、楽しめてないw

こんなところ、ハイヒールで来る人なんてほんと猛者ですよ、猛者!

しかし、身体を使って、体験できる芸術作品はなかなか珍しいなぁと感心。

この不思議な体験は言葉にすることは難しいですが、行ってみて体験するのが一番かと思います。

とにかく、動ける格好と靴が必須です。

ほなほな。

 ------------------------------

養老天命反転地

住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2

入場時間:9:00~16:30

休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始

 

Popincourt cafe @箕面市

グルメ・レストラン 地域 箕面市

どもども。

2020年度に北大阪急行の延伸で新しい駅ができる箕面市船場

この近辺には大きな川はなかったように思います。でもなぜ「船場」なんでしょう?

ここ船場は、‟大阪市中央区船場地区から繊維問屋の流通施設などが移転して作られた商業地区(箕面船場駅 - Wikipedia)”とのこと。

ファッション関係が多いせいか(たぶん違う)、リノベーションがしやすいのか、船場にはカフェも多い。

その中のひとつPopincourt cafeに行ってきました。

popincourt-cafe.com

 

2階には子供が楽しめるキッズスペースがあり、お子様連れにとても優しい。

店内の客層をざっと見ると、やはり家族、女性がほとんど。ママ友会とかでとても重宝されてそうです。

 

さて、料理のほうですが、今月のお奨めのガレット(1280円)を注文しました。

サラダ+スープ・ドリンクが付いてきます。

サラダは3種類の中から選ぶのですが、7種野菜と男爵マッシュのサラダにしました。

f:id:tokotokodeni:20170319215716j:plain

 ドライトマトが最初サクサクなんですが、後からトマトの甘さがやってくる技巧派。やるなっ・・・。

男爵マッシュは甘さよりもけっこうしっかりめ。

続いて、スープはかぼちゃのポタージュで、甘く、ほっこり心温まります。

 

 次に、メインのガレットですが、かなりサクサクです。

f:id:tokotokodeni:20170319215949j:plain

 

エビをメインとし、ブロッコリー、春キャベツもあり、緑豊かなプレートに。

春の食物が芽を出す感じ、春の息吹を感じます。

 

ドリンクは食後にしました。

追加料金を支払えば、デザートも楽しめます。これまたおいしそう・・・。

非常にまったり~と時間が過ぎていました。

このまったり時間にスイーツが食べたくなる・・・。これもまたひとつの戦略??

それだけ、居心地のよい空間ということでしょう。

スイーツを食べたくなる衝動を抑えて、お店を後にしました。

 

f:id:tokotokodeni:20170319220329j:plain

船場のカフェはたくさんあるので、カフェだけじゃなく周辺をいろいろ散策したいと思います。

2020年度には多くの人で賑わいそうです。

ほなほな。

~・~・~・~・~・~・

ポパンクールカフェ箕面

大阪府箕面市船場東2-3-56

TEL:072-727-3751

open:11:00

close:23:00

~・~・~・~・~・~・

猪名川左岸 @池田市

地域 池田市 伊丹市

どもども。

朝、天気が良かったので、猪名川の河川敷をお散歩することに。

f:id:tokotokodeni:20170318225207j:plain

阪急電車が通るところからスタートです。

五月山と新猪名川大橋が出迎えてくれます。

猪名川の左岸をひたすらてくてくてくてく。

f:id:tokotokodeni:20170318225615j:plain

猪名川の親水域。流れが穏やかです。夏に川に触れると気持ちよさそう・・・。

 

f:id:tokotokodeni:20170318225506j:plain

サッカーをしている少年チームかな?練習頑張れ~

 

f:id:tokotokodeni:20170318225649j:plain

人が多い。今日は大会か何かかな?がんばれ~

 

f:id:tokotokodeni:20170318225729j:plain

次は少年野球。

バッティングマシーンもあるからかなり本格的。がんばれ~

 ちなみに、国道176号線の橋下までグラウンドは続きます。

 

f:id:tokotokodeni:20170318232004j:plain

池田市下水処理場近くが池田市伊丹市の県境、市境となります。

個人的には下の写真の軍行橋のほうが県境なのかなとは思うんですが・・・。

 

f:id:tokotokodeni:20170318225829j:plain

では、改めましてこっから先は伊丹市ということで、さらにてくてく。

しばらく道なりに歩いていると、土手に多くの人だかりが・・・

f:id:tokotokodeni:20170318232109j:plain

 見上げてみると、飛行機がバンバン飛んでいきます。

f:id:tokotokodeni:20170318232208j:plain

今日はヘリコプターも舞っています。

そうです、大阪空港(伊丹空港)の近くなんです。

なので、多くのカメラマンがいてました。

中には巨大なバズーカみたいなレンズを引っ提げてきた人もいてました。熱量がすごいっ!!

f:id:tokotokodeni:20170318233530j:plain

まわりの熱量につられて、思わず立ち止まって撮ってみる。

f:id:tokotokodeni:20170318233645j:plain

携帯電話の限界かっ、限界なのか!?

今度はここにズームがけっこうできるやつを持ってこよう。

 

猪名川沿いを歩いていると、ジョギングしている人、ロードバイクで走っている人と多くすれ違います。アップダウンとか障害物とかもほとんどなく、かなり走りやすいかと思います。

猪名川左岸は休日のお散歩、ジョギングなど楽しめます。

ちなみに、

f:id:tokotokodeni:20170318232938j:plain

明日3月19日は第19回池田・猪名川マラソンがあります。

この河川敷がコースになるようです。

来年もここにいたら、出てみようかなぁ。もちろん、10kmで。

ほなほな。

おやじカレー @池田市

地域 グルメ・レストラン 池田市

どもども。

池田市で晩御飯。

焼き鳥、居酒屋、バーなどなど、

こじんまりしているお店から大型チェーン店まで

池田駅周辺には色んな飲食店があります。

池田駅付近を歩いていると、立ち飲みのお店がとても多く感じます。

どこに入ろうか悩みます。はて、何にしようかな・・・。

・・・

・・・・

・・・・・

はっ!?気が付けば、商店街半分歩いてもぉた。

f:id:tokotokodeni:20170315221651j:plain

よぉーし、ここに決めた!

お店の名前、「おやじカレー」、渋い、渋いぜっ、おやじ!

 

中に入ると、席は6席ほどと本当にこじんまりした空間。

店主のおっちゃんが一人で切り盛りしてるっぽい感じです。

とりあえず、豊富なメニューの中から、お肉も欲しかったので、から揚げカレー(700円)を頼みました。

 

さて、待っている時間に壁面には芸能人のサインがずらり。

メディアとかでよく取り扱われていたお店なんだなぁと実感。

また、玄関口をよぉく見ると、なんと「となりの人間国宝」のステッカーがあるじゃないですか。

また、店内におやじカレーの定義が貼られていたので、引用。

おやじカレーとはきつね色に炒めた玉ねぎと牛スジをとろける迄煮込み、フォンドボーを加えた本格的なカレー

とのこと。なるほど、ちゃんとした決まりがあるんですね。

こう書かれていると、ルーがとっても濃厚なんだろうなぁと想像できます。

ちなみに、17時以降、カレーを注文すると、サラダ又はスープが付いてきます。

辛さは0~10まで選べ、辛いのが苦手な人でも、辛いのが大好きな人でも満足できます。

ごはんの量は金額が少し変わりますが、多め少なめが選択できます。

そんなこんなで、お待ちかねのから揚げカレー(2辛)。

f:id:tokotokodeni:20170315230918j:plain

いざっ、一口・・・。

これは、やはり濃厚っ!コクがとっても深い。やはり、玉ねぎをしっかり炒めたから?それともフォンドボーを使っているから?

ホテルのカレーにも負けないくらいしっかりした味です。

2辛でしたが、まだマイルドだなぁ。ほんの少しだけ辛いかもしれません。

 

 

帰り際にスタンプカードを発行してもらいました。

500円利用でスタンプ1個で合計12個スタンプを貯めると、500円の商品券と交換できます。

スタンプは初回より1年間有効とのこと。

すなわち、月1で顔を見せに来い!ということですね?頑張りましょう。

店主11:00~翌1:00までと長い時間営業しているみたいです

ランチで寄った際、池田市でカレーを食べたい時、こじんまりしたところで食べたい時にとてもおすすめです。

ほなほな。

pâtisserie Haré @池田市

地域 池田市 グルメ・レストラン

どもども。

ふらふら~と池田市を散策してたら、たまたま通った道にコンクリートの打ちっぱなしのなんだかお洒落な建物があったので、美容室なのかなぁって思ってたら、池田市で有名なケーキ屋さんだったみたいなので、行ってみました。

スイーツを求めてパティスリーハレ(pâtisserie Haré)へ。

hare-web.com

 

f:id:tokotokodeni:20170312155334j:plain

休みの日になると、駐車場の警備員さんがいるくらい車で来られる方が多いみたいです。

 

f:id:tokotokodeni:20170312155405j:plain

店内は案の定多くの人で賑わっておりました。

アトリエっぽい、木々の中にいるような小さなかわいらしい店内です。

季節柄のホワイトデーの商品や焼き菓子、ケーキがたくさん店内にはある中、ショーケースの中にあっひときわ輝いているように見えた「緑丘チーズケーキ(162円)」を購入。早速、おうちに帰って食してみることに。

 

f:id:tokotokodeni:20170312203514j:plain

一口、柔らかい!!

半熟で柔らかく、濃厚なチーズの甘みが口に広がる。

他のチーズケーキと違って、ケーキの中にラムレーズンが一つのアクセントとなって、飽きの来ない味となっています。

気が付けばぺろりと食べておりました。

これは、もう一度食べたいし、他の商品も食べてみたい!

お店は20時までやっているみたいですので、仕事帰りの自分にご褒美したい時、お土産に何か持って行きたい時におすすめです。

ほなほな。