読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とことこでに’s diary

北摂地域(池田、箕面を中心)を生活拠点とし、情報発信、日常風景、旅を中心に書いていくブログです。

小豆島・日帰りの旅②~寒霞渓 @香川県小豆郡

どもども。

前回の続きになります。 

tokotokodeni.hatenablog.com

 

問題発生

前回の続きから問題が発生しました。

草壁港から寒霞渓ロープウェー乗り場のある紅雲亭までバスが出ているのですが、始発が900分。

しかし、草壁港のひとつ前のバス停・草壁本町に到着したのが、730分。

1時間半時間をつぶさないといけない。

近くに朝早くから開いているお店もなく、なにもすることがないなぁ。

待つのもひとつの手段だけど、帰りの時間を1515分の船に乗ることを決めていたので、時間がもったいない。

Googleマップで調べると、草壁港から寒霞渓ロープウェー乗り場まで、6km

(「これ歩いたら、1時間半で行けるんちゃうん?」)

・・

・・・

ロープウェー乗り場まで歩いていくことを決心しました!

 

壁本町~寒霞渓ロープウェー乗り場こううん駅(紅雲亭)へ

気が遠くなりそうですが、歩いていきます。

f:id:tokotokodeni:20170423084348j:plain

こころなしか、おうちの塀が低い気がします。

 

f:id:tokotokodeni:20170424224721j:plain

 醤油用の桶ですね。でっかいし、醤油造りで盛んな島って感じです。

 

f:id:tokotokodeni:20170423084446j:plain

遊歩道入口まで1.2km。しかし、この辺りから上り坂になっていきます。

(帰ってから冷静になって調べてみると、紅雲亭まで歩くルートが存在していたとは知らなかった・・・。)

f:id:tokotokodeni:20170424224905j:plain

なんか怪しい道ですが、近道っぽいのでそっちへ行くことに。なるほど、40分かかるのか。

f:id:tokotokodeni:20170424225108j:plain

石畳というか、落ち葉を踏むためよく滑ります。ヒールはだめ、絶対!

f:id:tokotokodeni:20170424225212j:plain

 歩いてたしかに1時間半。やっとの思いで寒霞渓ロープウェー乗り場に到着しました。

 

ロープウェーに乗って頂上へ

f:id:tokotokodeni:20170427213658j:plain

頂上まではロープウェーを使いました。大人往復1,470円。バスの1日乗車券を持っていると、割引特典があります。また、インターネットサイトより割引があります。(2017年4月27日時点)

f:id:tokotokodeni:20170427213941j:plain

頂上へ向かいます。奇岩。大分県耶馬渓群馬県妙義山と並んで日本三大奇景と呼ばれている場所です。ここは大正時代に国の名勝に指定されて、その後国立公園に。

f:id:tokotokodeni:20170427214104j:plain

頂上に着くとすぐに展望台に。眼前に広がるは瀬戸内海。日本自然百選、小豆島寒霞渓。

f:id:tokotokodeni:20170427214426j:plain

少し場所を移ると、寒霞渓展望台でかわら投げができます。(200円)

f:id:tokotokodeni:20170427214510j:plain

あの輪に向かって投げます。

f:id:tokotokodeni:20170427214600j:plain

 これがまた難しい・・・。なかなかあの輪をくぐることができません。

寒霞渓は、キャラも観光客への意識を忘れません。

f:id:tokotokodeni:20170427214800j:plain

「観光客に親切に。」こころがけが大事です

 

寒霞渓頂上グルメ 

頂上はやはりお土産物屋があり、そこではいろんなものが楽しめます。

オリーブ牛コロッケ(220円)

f:id:tokotokodeni:20170427214918j:plain

オリーブの搾りかすを餌として加工して、食べている牛の肉を使用したコロッケ。

サクサク、柔らかく、大きさ、甘さ、肉感もあって満足できます。

 ほかにもオリーブソフトクリームが300円で販売しております。

 

お腹も満たされたことだし、さて、下界へおりるとしよう。

ほなほな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寒霞渓

香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168

 

小豆島・日帰りの旅①~草壁港 @香川県小豆郡

どもども。

まもなくGWですね。一足先に少し旅行を敢行しました。

船旅です。しかも、1泊1日の超弾丸・日帰りです。

 

旅の目的地はオリーブの島・小豆島。

行程は以下の通り。

深夜1時00分神戸港発坂手港(小豆島)行きのフェリーに乗り込む。

小豆島に着いたら①寒霞渓②エンジェルロード③オリーブ公園を巡り、

15時15分坂手港発神戸港行きのフェリーで帰ってくる。

改めて見ても、弾丸。

小豆島の東から西へ、そして東へ戻る。

ゆっくりしていないなぁと反省です。

しかも、移動手段は徒歩+バスです。

では張り切って行ってみましょう!

 

神戸港から坂手港へ 

ジャンボフェリーに乗り込む

さて、三ノ宮0時30分発のバスに乗り、神戸港へ。

神戸港に到着すると、すぐにジャンボフェリーの乗船手続きを済ませます。

なお、往復を購入すると、若干運賃が安くなります。

手続が終わるとすぐに船に乗り込みます。

f:id:tokotokodeni:20170422214707j:plain

これから、旅が始まるという高揚感を抱いて船に乗り込みます。

 

船内の様子

船内は雑魚寝ができる場所と、深夜バスのようにシートになっている客室があります。

私は、シートの方を選択したのですが、シートの部屋でも、横になれるボックス席があります。

そして、シートの足元にはコンセントが備え付けられており、船内では無料のwi-fiも使えるため、スマホの充電、パソコン作業も完ぺきにこなすことが出来ます。

なお、雑魚寝ができるところでは、御座の無料貸し出しがあります。

また、船内の灯りは点いたままなので、灯りが気になる方はアイマスクが必要かもしれません。

灯りのことを除けば、トイレも綺麗で清潔なため、かなり快適に船内を過ごすことが出来ます。

 

港に到着

5時頃、高松東港に到着。

f:id:tokotokodeni:20170422214528j:plain

船内に音楽が繰り返し流れます。

高松港で降りる人がかなり多いのですが、乗ってくる人ももちろんいてました。

f:id:tokotokodeni:20170422221402j:plain

なお、高松港以降、船内の売店が開店されて、うどんなどを食べることが出来ます。

 

船内で、朝ごはんを済ませ、7時15分に坂手港着!

f:id:tokotokodeni:20170422221349j:plain

かなりファンキーなモニュメントが観光客たちをお迎えをしておりました。

 

坂手港からバスに乗って・・・

オリーブバスに乗車

まず、最初の目的地は寒霞渓です。

そこに向かうためバスに乗るんですが、船からバス(オリーブバス)への乗り換え時間が約1分と非常に短く、すぐにに乗り込みます。

バスは1日券(1,000円)が車内で販売されていたのでそれを購入。どうやら、いろんなところで特典を得られます。

 

地元の人との交流

バスに揺られながら、地元の小学生が「どこ行くのー?」って聞いてきたので、「寒霞渓」って言ったら、

「あそこのロープウェーがピンク色に変わったよ~」と目的地の情報や、「行くのがんばってね」と励ましのお言葉をいただきました。だから、彼らがバスから降りる際に思わず「行ってらっしゃい!」って声をかけていました。彼らの観光客の扱いにとっても慣れている様子。地元民とのわずかながらの交流でしたが、なんだか心がとってもほっこり。

 

壁本町で下車

さて、バスに揺られること、15分。草壁港の一つ手前の草壁本町に着きました。

f:id:tokotokodeni:20170422221306j:plain

ここで、問題が発生しました。苦渋の選択を迫られました。

その結果、草壁港のバス停では降りませんでした。

寒霞渓に向かうため、草壁港の一つ手前の草壁本町のバス停で降りました。

それは、次回に。

ほなほな。

お菓子とコーヒー研究室 ハマ・ノ・テ labo @川西市

どもども。

池田から少しだけ足を延ばして川西市にある「ハマ・ノ・テlabo」に行ってきました。

ハマ・ノ・テ labo

食べログハマ・ノ・テ labo

桜通りと呼ばれる多田神社へと続く道の途中に、そのお店はあります。

f:id:tokotokodeni:20170416170717j:plain

かなり大きな扉で店内から見る外の景色はかなり雰囲気がいいです。

また、今の季節は桜の花びらが舞っており、温かみのあるお昼時を彩ってくれます。

 

さて、ブレンドコーヒー(400円)を注文しました。

豆は伊丹にあるotimoというパン屋&コーヒー屋さんとのことです。

なお、ブレンドコーヒーは300円でおかわりをいただけます。

 

さらに、「いつものお菓子」として、「ラムレーズンバナナケーキ」と「レモンケーキ」がありましたが、ラムレーズンバナナケーキ(400円)を頼みました。

f:id:tokotokodeni:20170416170750j:plain

ラムレーズンバナナケーキは濃厚なバナナの甘さが口の中に広がる、かと思えば、食べ進めていくと、ラムレーズンの味へと変わっていく。飽きの来ない甘さが続きます。

コーヒーは若干苦みが強いですが、焼き菓子に合わせて飲むと不思議と苦みが全くと言っていいほど気になりません。

 

ケーキ以外にも、ショーケースにクッキーなどの焼き菓子があります。

お土産にちょうどいいかもしれません。

ほなほな。

====================

ハマ・ノ・テlabo

兵庫県川西市新田1-5-6

営業時間:10:00~18:00

猪名川の河口まで② 3km~

どもども。

前回の続きです。

 

tokotokodeni.hatenablog.com

 

前回、神崎川合流から3kmのところまで走りました。

さらに進んでいきます。

f:id:tokotokodeni:20170416075149j:plain

あいにくの天気のせいでしょうか、対向してくる自転車もありません。

 

神崎川との合流地点から1km付近で、阪急電鉄神戸線が目の前を走っていきます。

f:id:tokotokodeni:20170416080550j:plain

迫力があります!撮り鉄にとっては当たり前の場所なんでしょうが・・・。

しかし、ここで問題発生です。

今まで土手を走っていたのですが、この阪急電車によってさえぎられてしまいました。

やむなく、河川敷に降ります。

f:id:tokotokodeni:20170416081307j:plain

河川敷は舗装されていませんが、多くの人が往来していたんでしょうか?道ができています。

f:id:tokotokodeni:20170416081433j:plain

ん?道は階段を上れと??これ、自転車でもこの階段を上らないといけないの????

そして、登り切った後、振り返ると、こんな感じ。

f:id:tokotokodeni:20170416081603j:plain

桜のそばを阪急電車が走ります。いい画です。

さて、しばらく進んでいくと、分裂した藻川と再び合流します。戸ノ内橋。

f:id:tokotokodeni:20170416081856j:plain

猪名川と藻川の間にできた土地は、規模が大きい三角州なんでしょうか?

この土地のところに園田競馬場があったりします。ほぇ~。

また、この休憩所には

f:id:tokotokodeni:20170416082603j:plain

参画と協働の道づくりとして紹介されております。

また、この取り組みを後世に伝えるためタイムカプセルを収めております。

 

さて、あと少し行きます。

f:id:tokotokodeni:20170416083119j:plain

 とうとう、着きました。猪名川の果て・・・?神崎川との合流地点?

しかし、ここは河口から7.2km!?

認識が異なっていました。川の終わりが河口と思っていましたが、川と海が交わるところが河口なんですね・・・。

それでも、猪名川はここまでということになります。

f:id:tokotokodeni:20170416083909j:plain

右を。猪名川

f:id:tokotokodeni:20170416084022j:plain

左を。 神崎川

その上を 新幹線が走ります。

後ろを振り向けば、公園がありました。

f:id:tokotokodeni:20170416084503j:plain

 ここは神崎川緑地という場所です。

この東屋、沖縄っぽい色味です。

f:id:tokotokodeni:20170416084838j:plain

鳥居が連なっております。

寄付者の名前を見ると、沖縄県人会がありました。なんだか納得。

どうもこの場所はできてから日は浅いようです。

帰りは輪行袋を持っていなかったので、ふらふらしながら来た道を帰りました。

今度は猪名川の上流まで頑張って行こうかな。

ほなほな。

==============================

猪名川の河口まで① 10km~3km

どもども。

桜の花びらが舞っております。もうすぐ、春が終わって次の季節に移っているんだなぁとしみじみします。

さて、猪名川沿いを歩いていると、

f:id:tokotokodeni:20170415203225j:plain

この看板が目に入ります。

この看板を見るたびに、猪名川神崎川と合流するんだなぁと思うんですが、実際、神崎川との合流地点はどのようなところなのか?この左岸をずっとまっすぐ行くとどんな景色があるのかとふと思います。

 

あぁ、これは、その景色を見に行かなくてはっ・・・っ!!?

 

ということで、今日、小雨降る中、ずっと、猪名川の左岸を走りました。…自転車で。

f:id:tokotokodeni:20170415204442j:plain

たぶん合流地点まで9kmぐらいのところ。桜ももう散ってきており、葉桜となりつつあります。やはり、休日。少々の雨でも、リトルリーグ、草野球、サッカーなどみなさんスポーツを楽しんでおります。

 

ここから、伊丹駅イオンモールまでは伊丹空港の近くを走るので、飛行機が間近に見ることが出来るのですが、生憎の雨により、写真どころではなかったのです。走らなければ、濡れてしまう!

どんなところなのかは、以前の記事をご参照ください。

 

tokotokodeni.hatenablog.com

 

 

橋の下で雨宿りを決行し、雨上がりで再び走り出すことに。 

f:id:tokotokodeni:20170415203626j:plain

さて、気を取り直して、桑津橋、伊丹駅イオンモールを過ぎたぐらいです。

リトルリーグでしょうか?ヤングリーグ兵庫伊丹のみなさんが練習しております。

 

また、付近には小学校があり、そこから生えている桜は立って花を見下ろすことができます。珍しい気がする。

f:id:tokotokodeni:20170415204012j:plain

 

 

さて、走り続けて、この後、神津大橋を越えるのですが、さっきまでのマンションがとかが立ち並んでいたのに、一気に・・・なくなります。

f:id:tokotokodeni:20170415210007j:plain

ほら、こんな感じに。

心なしか、川近くも植物が生えた状態で保全されております。

なお、ここから、藻川と猪名川に分裂します。

f:id:tokotokodeni:20170415223018j:plain

 

さてさて、尼崎市に入りました。(市の看板を見なかったような気がする。)

f:id:tokotokodeni:20170415222005j:plain

走っていると、竪穴式住居が見えます。(中学生以来この「竪穴式住居」という単語を使った気が・・・。)

田能遺跡と呼ばれる遺跡のようです。

この辺りで大量の弥生土器が見つかり、大規模な弥生時代の遺跡があった場所のようです。配水場建設から市民運動等により保存され、国の史跡になったようです

 

f:id:tokotokodeni:20170415223603j:plain

 さて、河川管理境界の看板が出てきました。

猪名川は千里川と合流していたんですね。

ちなみに、この左奥にピンク色のマダムシンコの工場があります。相変わらず奇抜だ・・・。

f:id:tokotokodeni:20170415230859j:plain

神崎川との合流まで3kmの地点になりました。

あと3kmならもうひと踏ん張り。

池田市伊丹市尼崎市豊中市と走ってきました。

少し長くなったので、分割します。

では、また次回。

ほなほな。

第63回池田五月山さくらまつり in池田城跡公園 @池田市

どもども。

昨日今日と、第63回池田五月山さくらまつりが、池田城跡公園雅の広場で開催されておりました。

天気が不安定な中、池田城跡公園に行く道中、通りがかりに和服の人がいました。見ているだけで気分が華やぐなぁ、とうっとり・・・。華があるなぁ・・・。

お花見に和服を着て楽しむのは素敵ですね。

f:id:tokotokodeni:20170409162032j:plain

さて、城跡公園もなんだか賑やかです。

上は何気なく撮った写真なんですが、気が付けば、前回撮った淡墨桜でした。さすがに満開の状態から1週間経つと、花びらは散ってしまい、地面が桜の花びらの絨毯となってしまいました。 

tokotokodeni.hatenablog.com

 

 

f:id:tokotokodeni:20170409162020j:plain

1週間前はそんなに人がいなかったのに、今日は野点、演奏等のイベントをやっているせいか、人がとっても多い。ベンチでくつろぐ人も。中でも、ひときわ目立ったのが、写真奥にあるしだれ桜。

 

f:id:tokotokodeni:20170409162117j:plain

満開!

 写真を撮っている人が非常に多かったです。

 

f:id:tokotokodeni:20170409162130j:plain

花見となると、やはり「ソメイヨシノ」がメインとなると思いますが、池田城跡公園の桜はまた違った桜を楽しめます。

生憎ベンチは満席だったので、うろうろとしておりましたが、ベンチでお茶菓子、和楽器の演奏、桜を楽しむ。

想像するだけで雅やか、気分はまるで貴族のよう。

f:id:tokotokodeni:20170409182658j:plain

 池田市の花見は昼も夜も十分に楽しめます。

歴史あるまつりなので、来年も開催されます・・・よね?

来年はあのベンチでお茶、お菓子を楽しみながら、邦楽の演奏を聞き入りたいと思います。

ほなほな。

==========================

池田城跡公園

池田市城山3-46

時間:9:00~19:00

夜桜2 in五月山公園 @池田市

どもども。

もう、春ですね。ありとあらゆるところで桜が咲いてきました。

前回、五月山公園に夜桜を観に行きましたが、ほとんど咲いていなかったので、今回リベンジしてきました。

 

tokotokodeni.hatenablog.com

 

 

f:id:tokotokodeni:20170406001349j:plain

温かくなったので、桜も多く咲いております。

 

f:id:tokotokodeni:20170406001110j:plain

前回とは異なり、広場に仕事帰りに花見で宴会をしている方がちらほらとみられました。ピザのデリバリーを頼んでいる方、ガスコンロで料理している方もいました。 いいな、いいなぁ~。

また、じっとしているには少しだけ肌寒いのですが、それを狙ったかのようにラーメンの屋台もやってきました。やるなっ。

 

f:id:tokotokodeni:20170406001611j:plain

今、五月山公園は桜の見頃を迎えました。

f:id:tokotokodeni:20170406002307j:plain

夜桜照明は五月山公園一帯で楽しめますが、4月9日(日)までの予定となっております。

今週末は天気が悪くなるみたいですので、夜桜を楽しむには今が一番かと思います!

ほなほな。

==============================

五月山公園

池田市綾羽2丁目5-33

夜桜照明:平成29年4月9日(日)(予定)の日没から午後10時まで