とことこでに’s diary

北摂地域(池田、箕面を中心)を生活拠点とし、情報発信、日常風景、旅を中心に書いていくブログです。

海の日3連休② ~高山市街地~ @岐阜県高山市

どもども。

 旅行の続きです。

tokotokodeni.hatenablog.com

 

五箇山を去り、白川郷も行きたかったのですが、体力的にきつくなって諦めて、宿泊地の高山に向けて車を走らせました。

 

高山市

高山市に着いた頃はへばっていたのですが、夕方出歩くことに。

古い町並みを散策する予定が、あいにくの夕立・・・。

f:id:tokotokodeni:20170720233011j:plain

仕方がないので、陣屋前から北側へ伸びる屋根のある道を散策します。

 

高山市は日本で最も大きな市で、東京都に匹敵する面積です。(高山市HPより)

小京都である古い町並みが残っており、白川郷上高地へのアクセスも良く、外国人観光客にも人気の観光都市。高山祭とか有名ですね。また、道路には段差がほとんどなく、夜でも地面に埋められた光が示してくれるので、かなりバリアフリーな街だなぁといった印象を受けます。

 

有名なものとしては、やはり、一つ一つ手作りで作られている「さるぼぼ

さるぼぼは、飛騨高山など岐阜県飛騨地方で昔から作られる人形飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」とい使われている。近年では、土産として飛騨地方の観光地で多く見られる。(さるぼぼ - Wikipediaより引用)

f:id:tokotokodeni:20170720222749j:plain

この像は、鍛治橋という飲食店前に設置されております。

 

また、高山祭で使われるものでしょうか?袴姿の警固の格好をした像などが散らばっております。

f:id:tokotokodeni:20170720233401j:plain

 

しかし、これだけじゃ終わらない!

 

お土産物屋さんや地元の本屋さんのあちこちに某アニメのポスターが貼られております。(写真を撮り忘れちゃった…。)

なんと、飛び出し坊や(?)まで作っちゃうその心意気! 

f:id:tokotokodeni:20170720220324j:plain

そうです、高山市は聖地なのです。米澤穂信の小説「氷菓」シリーズの聖地なのです。

アニメも放映され、また、この秋に実写映画化されるとのこと。

舞台であることから異様なプッシュをしております。

まさか、こんな歴史があり、観光が盛んな街が、聖地巡礼にも力を入れていたとは、驚きであります。

映画、どんな内容になっているのか、私、気になります!

ほなほな。