読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とことこでに’s diary

北摂地域(池田、箕面を中心)を生活拠点とし、情報発信、日常風景、旅を中心に書いていくブログです。

那智勝浦・新宮の旅②~新宮編~

どもども。

 ご飯を食べた後、まだまだ時間があったので、滝ではなく、新宮駅へ。

f:id:tokotokodeni:20170126230018j:plain

スカイブルーの車体が海を連想させます。

 

f:id:tokotokodeni:20170126230106j:plain

桃鉄の目的地駅にもなっている新宮駅

f:id:tokotokodeni:20170126230134j:plain

駅構内にはパンダシート。試すのに、ちょっぴり勇気いるなぁ。

 

新宮駅からてくてく歩く。

f:id:tokotokodeni:20170126231833j:plain

ところどころにモニュメントがあり、伝統文化を伝えている。

さて、たどり着いた先は、熊野三山のうちひとつ。熊野速玉神社。

f:id:tokotokodeni:20170126232001j:plain

f:id:tokotokodeni:20170126232458j:plain

御神木「梛」。力強い生命力を感じるっ!! 

f:id:tokotokodeni:20170126232208j:plain

拝殿等。 壁が白なので、朱色が映えます。光って見えます。

ここで、よく見てください。千木と呼ばれる建物から生えているように見える触覚みたいな部分の模様を。

f:id:tokotokodeni:20170126232356j:plain

なんと、「♡」。前衛的!

でも、後で調べたら、ここ、縁結びとかパワースポットとか、谷崎潤一郎夫人と不倫関係にあり、その時の詩「秋刀魚の詩」の作者、佐藤春夫の記念館もあるとか。

なんだ!?この恋愛大明神的な大社は。

いろんな恋愛にご利益がありそう・・・。

 

さて、もう一つ、神倉神社に参る。

f:id:tokotokodeni:20170126234500j:plain

;つД`)・・・・んっ!!!??

なんだこの急な階段は!?これ、上るのか?登るのか??

いや、ここは、来たなら、行くしかないっ!

f:id:tokotokodeni:20170126234727j:plain

そう、私たちは、階段という巨大な敵に立ち向かっていくのでした・・・。

f:id:tokotokodeni:20170126234631j:plain

だめだ、膝が・・・笑ってる・・・。

f:id:tokotokodeni:20170126234901j:plain

も、もう、、ダメだぁぁぁあ・・・・。!?見えた、見えたぞ頂上が!

f:id:tokotokodeni:20170126235002j:plain

岩でかっ!”ゴトビキ岩”というらしい。その存在感に圧倒される。

ここは、毎年2月6日例大祭として執り行われる「お燈まつり」の場所で、ここから松明を手に男たちが下っていく。・・・下っていく!?今来た道を??;つД`)

f:id:tokotokodeni:20170126235716j:plain

でも、こんな眺めの良い景色を見ることができたんだし、登ってきてよかったなぁ。

 

地上に降りて、てくてく歩くと精肉店発見!早速コロッケとミンチカツを買う!

f:id:tokotokodeni:20170127000006j:plain

コロッケはイモ率が高く、甘め。

でも、ここのミンチカツは噛むとしっかりとした肉の感じと、あふれんばかりの肉汁が口の中で踊る、絶品!山を登った疲れもあるんだろうけど、これを買いにここまできたんやぁ!!といってもいいくらい美味しかった。

この後、宿のある紀伊勝浦まで戻りました。

宿に着いても、膝が、笑っているような気がしたのは気のせいでしょうか。いいえ、間違いありません。明日もがんばりましょう。

ほなほな。

那智勝浦・新宮の旅①~紀伊勝浦編~

どもども。

1月21日~22日にかけて那智勝浦へ旅行してきました。

朝、7:33発、くろしおに乗車し、向かうは紀伊勝浦

f:id:tokotokodeni:20170124230217j:plain

懐かしいなぁ、このイルカのような車体。憧れだったなぁ・・・。

 

座席に座り、くつろぎモードになりつつある車内の中で気になるもの発見!

f:id:tokotokodeni:20170124230244j:plain

人ではなく、白浜らしくパンダで表現。い、癒される~。

くろしおに乗っていて気づいたんですが、駅到着前に車内のテロップと車掌がその駅の観光情報をアナウンスしているんです。普段特急なんて全く乗らないので、比較することはできないんですが、他の特急もそうなんでしょうか? 親切だなぁ。ちっちゃなことなんですが、プチな情報として入るだけで、人の行動、意識は変わると思うんです。(自論)

ということを想いつつ、何気なく車窓を眺めていると・・・なんじゃこりゃぁ!?

f:id:tokotokodeni:20170124230414j:plain

カエル橋を見かけて、思わず激写!駅の名前も入りました。

 

f:id:tokotokodeni:20170124230640j:plain

 海沿いを走り、

f:id:tokotokodeni:20170124230708j:plain

駅に着いた時には11:30。いい具合にお腹が空いてきました。

駅に降りると、見渡すばかり、

f:id:tokotokodeni:20170124230841j:plain

マグロ!

f:id:tokotokodeni:20170124230902j:plain

まぐろ!!

f:id:tokotokodeni:20170124230823j:plain

鮪っ!!そして、那智黒!

那智勝浦はマグロと那智黒という飴で有名な街。「鮪」と聞くと、「鮪ッ!・・・ご期待ください・・・っ!」という渡哲也のあの渋い声が蘇ってくるのは私だけでしょうか? 

とりあえず、事前に調べてた「桂城」へ。

f:id:tokotokodeni:20170124230949j:plain

 

f:id:tokotokodeni:20170124231013j:plain

これでもかっというほど鮪尽くし!!鮪定食!

刺身はぷりっぷり、中でも、ツナが白米と合う!おにぎりの具材として入れたい!

さて、お腹が満たされたところで、向かうは滝ではなく、新宮駅へ。

それでは続きは、また今度。

ほなほな。

尊鉢厄神の厄除大祭(夜)に行ってみた件について

どもども。

先週、池田駅でとある看板を見つけました。

f:id:tokotokodeni:20170118204023j:plain

ふむふむ、なるほど、厄神大祭たるものがあるのか。

ということで、いざ尊鉢厄神に。

 

f:id:tokotokodeni:20170118204447j:plain

閑静な住宅街の中、突如とし現れる露店の数々。

えべっさんの時よりも人が多い気がする!地元の中高生が多い気がするのも特徴?

 

f:id:tokotokodeni:20170118204646j:plain

門も独特!竜宮城みたい。俗に「竜宮門」と呼ばれているらしい。

中国の影響を強く受けたものなのかなぁ?

 

f:id:tokotokodeni:20170118210047j:plain

階段途中にあった狛犬。り、凛々しい・・・。

 

f:id:tokotokodeni:20170118210236j:plain

階段を登り切って手前が厄神堂、奥が写真の本堂。特別祈祷などの受付がされてました。

 

f:id:tokotokodeni:20170118210410j:plain

本堂から見下ろす池。実は奥の鐘楼堂の梵鐘が池田市重要文化財で、1632年の銘がある、池田市で最も古いもののひとつだそうです。

約400年前の物が今も現役で除夜の鐘を響かせていたとは驚き・・・。

 

毎年1月18日、19日に厄除大祭が行われております。昼には修験行者による外での法要が執り行われるようです。どんな様子なのか見てみたかったなぁ。

 

さて、帰り道、せっかくの厄除大祭なので、露店の中で厄除け焼餅があったので思わず購入。夜だけど、そのあんこの濃さと餅の柔らかさに舌鼓を打ちました。これで厄は払えたはず!後はお腹につくであろう肉を払うのみ!

ほなほな。

とんど焼きに行ってみた件について

どもども。雪が積もりましたねぇ。

またしても、呉服神社に行ったのですが・・・。

突然ですが、池田市には・・・巨大なゴリラがいるのをご存知でしょうか!?

f:id:tokotokodeni:20170115200828j:plain

サンシティのサンサン!愛くるしいこの表情。駅前にしてインパクト大!

大きいなぁ…。しかし、なんで、ゴリラなんだろう・・・?・・・気になる・・・。

そのうち、確認したいなぁと思います。判明次第情報提供します!

さて、これを撮影したのが昨日だったのですが、それが一日で・・・。

f:id:tokotokodeni:20170115200918j:plain

サンサン、雪が積もってるよぉ・・・。

こころなしか、表情も凍えて震えているような気もする・・・。

 

f:id:tokotokodeni:20170115201515j:plain

近くの花にも雪が積もってます。・・・寒そう・・・。

 

さて、足を滑らせないように気を付けながら、歩いていると、参道に差し掛かった時に、何やら燃えているようなにおいがしてきました。

f:id:tokotokodeni:20170115201740j:plain

十日えびすに比べてとんど祭は人が少ない。

f:id:tokotokodeni:20170115201828j:plain

「とんど焼き」、「どんと焼き」、地方によって色んな言い方があるけど、内容は変わらず、お焚き上げのことなんだなぁ。儀式なんだ。

 

f:id:tokotokodeni:20170115204735j:plain

おぉ、燃えてる燃えてる。案外近くまで寄れ、注連縄、神棚とかが燃やされているのがかなり間近で見ることができます。冷えた体が温まります。

「火に当たって今年一年健康でいてください。」とのこと。

 

f:id:tokotokodeni:20170115202934j:plain

どんどん焼かれていく中、奥の方で、竹が立ててある・・・。あれは一体・・・?

 

f:id:tokotokodeni:20170115203026j:plain

笹酒が振舞われていました。竹の中でお酒を温めてたんっすね。竹筒が風流だなぁ。

ということで早速飲んでみました。

一口目はキリッとした日本酒らしさが口の中に広がり、二口目以降は全く気にならず、飲み続けていき、そして冷えた体がどんどん温まっていく・・・。笹酒は無病息災を祈るという意味がありますが、飲み過ぎには注意が必要ですね。

火にも当たったし、笹酒もいただいたし、今年1年間健康でいられますように。

 

呉服神社のとんど祭は午前8時から午後2時まで行われておりました。

 

ほなほな。

呉羽神社(残り福)について

どもども。

今日は十日えびすの最終日、残り福に訪れました。

 

f:id:tokotokodeni:20170111233937j:plain

今日は来た時間も遅かったせいか、参拝の列は少ない。待たずに中へ。

途中すれ違った人が言うことには「ズボンを履いてないくらい寒い」そうです。

すれ違った人の発言に思わツッコミを入れつつ、感心。

(福)は身につけましょう。

 

f:id:tokotokodeni:20170111234342j:plain

古札の回収スペース。かなりの山になっておりました。初日に撮っておけば、比較できたのにっ!悔しいっ!惜しいことをした!

 

さて、このまま帰ろうかと思いましたが、何やら今日は少し様子が違う。

f:id:tokotokodeni:20170111234037j:plain

写真ではわかりにくいですが、本殿にいる福娘が、なんと、踊っているのです!

えべっさんも踊る、福娘も踊る。これが福踊り!」と福娘

お、踊るのか・・・!?しかも、結構ノリノリで。

十日えびす3日連続訪れて、思った。

日に日に福娘のノリが良く、軽くなっていってるっ!(笑)

「商売繁盛~笹もってこぉい」

しばらく耳から離れそうにもないこのフレーズ。

一年間の商売繁盛を祈願して、今年も無事健康で過ごせますように。。。

ほなほな。

呉羽神社(本えびす)について

どもども。

昨日は呉羽神社の宵えびす、今日は本えびすに足を運びました。

 

f:id:tokotokodeni:20170110235201j:plain

夜、出店も人で賑わいます。

 

f:id:tokotokodeni:20170110235244j:plain

境内の吉兆の授与所も賑わいます。まるで夏祭りの縁日みたい。

 

f:id:tokotokodeni:20170110235526j:plain

昨日、長蛇の列だったため、断念した本殿横の恵比寿神社に参拝。

時間帯のせいか、行列はまだ少なかった。

 

f:id:tokotokodeni:20170110235600j:plain

商売繁盛の福笹は5,000円から!?それにサイコロや千両箱、倉とかをつけていくんだなぁ・・・。

付けるものは縁起もので意味があり、サイコロは”芽が出る”ということとは知らなんだ。

 

f:id:tokotokodeni:20170110235749j:plain

恵比寿神社左横にある叩き板。神社に叩き板があるのを初めて見ました。これ。

えべっさんは耳が遠いので、叩いてお願いを聞いてもらう、とのこと。

 

f:id:tokotokodeni:20170111000149j:plain

右側の様子。三度叩けば幸ち来るということで、3回叩く。左と右で意味が少し異なる。

 

宵えびすと異なり、福餅を撒くことがあったり、えべっさんとの写真が撮れるブースが設けられておりました。

 

明日は残り福。明日も呉服神社付近は人で賑わいそうです。

ほなほな。

呉羽神社(宵えびす)について

1月9日。成人の日の祝日。

池田市の呉羽(くれは)神社では、9~11日で‟宵えびす”、‟本えびす”、‟残り福”が行われます。

宵えびすの様子を。

f:id:tokotokodeni:20170109214545j:plain

駅前の鳥居から出店が出てます。

 

f:id:tokotokodeni:20170109214633j:plain

11時半、神社の本殿まで長蛇の列ができてます。

 

f:id:tokotokodeni:20170109215056j:plain

立派な朱色の本殿まで30分ぐらいは並びました。

 

f:id:tokotokodeni:20170109215206j:plain

お神酒をいただきました。皿と枡のどちらかでいただくことができ、迷わず枡で。さっぱりと癖があまりなく飲みやすかったです。

 

f:id:tokotokodeni:20170109215400j:plain

無料で竹の容器に入ったお抹茶がふるまわれてました。なかなか珍しいですよね、竹の容器って。

 

f:id:tokotokodeni:20170109215638j:plain

福娘による神笹授与があります。福笹授与所まではかなり長い列でした。並ぶのには少々覚悟がいります。

 

f:id:tokotokodeni:20170109220221j:plain

熊手が売られてます。初めて見たんですが熊手に豪華な装飾が施されてます。

 

関西では、七福神の一人、商売繁盛の神様とされるえべっさんにあやかり、商売繁盛を願う十日えびす。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ではでは。